JARECO後援「CNET JAPAN Conference 2017」開催!


JARECOは、昨年に引き続き本年も開催されるCNET JAPAN 主催の「Real Estate Tech Conference 2017」を後援します。 

本年のテーマは「テクノロジが加速させる"新しい街・住まい"づくり」と題し、最新の不動産テックの事例・革新的な技術についてセミナーが開催される予定です。

CNET Japan Conference 2017

「テクノロジが加速させる“新しい街・住まい”づくり
                      〜Real Estate Tech 2017〜 」


 ☆ ITやAIなどテクノロジを活用すると、不動産業界はどのように変革するか?
   その変化が業界を超えてどう波及していくか?

 ☆ IoTに代表されるテクノロジで、都市や地域の機能やサービスを効率化・
   高度化させると、生活の利便性や快適性は、どう向上するか?

 ☆ 人びとが安心で安全に暮らせる「スマートシティ」など、テクノロジの
   進展や普及によって、どのように“新しい街・住まい”がつくられるのか?


   好評を博した「テクノロジが創世する不動産業の新潮流〜Real Estate Tech
   2016 Summer〜」の第2弾となるイベントです。ぜひご来場下さい!

開催概要


テクノロジが加速させる“新しい街・住まい”づくり
〜Real Estate Tech 2017〜


開催日時:

2017年9月26日(火) 受付9:15〜 開演10:00〜 (展示会場:12:00〜18:00)

会場:東京コンファレンスセンター(品川)
主催:朝日インタラクティブ株式会社
メディアスポンサー :CNET Japan
共催:株式会社リブセンス
定員 500名

受講料:無料、事前登録制
※お申込みをいただいた後も、定員に到達するまで各セッションのご変更は可能です


   >>>>>【事前登録制】イベントの詳細はこちら!
      https://japan.cnet.com/click/jareco_2017_01.htm



注目講演


■ 人が主役 Airbnbと地域活性化(仮)」

Airbnb Japan株式会社 公共政策 公共政策本部長
                         山本 美香氏

マスからユニークへ、モノからコトへと、観光ニーズが移っています。
 テクノロジの進展によりシェアリングエコノミーが普及。ユニークな体験を
 提供する人と、そうしたサービスを求める人とのマッチングが可能となりました。

 個人が観光業の担い手として活躍できる時代の到来に考えるべき事は?

 【お申込み】
https://japan.cnet.com/click/jareco_2017_02.htm

■ 「最新テクノロジで変革する不動産業界の未来」

東京急行電鉄株式会社 都市創造本部 戦略事業部 事業統括部
企画課 課長補佐 加藤 由将氏

 ★様々な「RE-Tech」スタートアップの事例を挙げながら、どのようなサービスが
  不動産業界をどう変えるのか説明します!

 高度経済成長期に急速に形成された、日本の都市基盤。
 その更新時期が訪れる現在、不動産業界もまた、変革を迫られている。

 少子・高齢化による購買・生産人口の減少。
 グローバル化の進展による外資企業の参入。
 そしてAI・IoT・VR/ARなど、新たなテクノロジーの進化。

 多様な業界が変化に直面するなか、不動産業界の展望は!?

■「地理空間データが変える街選び -データ活用が照らす不動産仲介の未来-」

アジア航測株式会社 社会基盤システム開発センター
G空間プロジェクト推進室 角田 明宝氏

株式会社リブセンス 不動産ユニット
チームリーダー 竹馬 力氏
プロダクトリーダー 稲垣 景子氏

管理・集約されにくく分散する地理空間データ。その取得が難しい中、
今後の日本国内の不動産売買における地理空間データ活用について、
課題や手法、活用による展望をアジア航測とリブセンスでお話します。

なお当日は、IESHILに関連した初のサービスリリースを告知予定です!

■ 「最新テクノロジで変革する不動産業界の未来」

東京急行電鉄株式会社 都市創造本部 戦略事業部 事業統括部
                       企画課 課長補佐 加藤 由将氏

 ★様々な「RE-Tech」スタートアップの事例を挙げながら、どのようなサービスが
  不動産業界をどう変えるのか説明します!

 高度経済成長期に急速に形成された、日本の都市基盤。
 その更新時期が訪れる現在、不動産業界もまた、変革を迫られている。

 少子・高齢化による購買・生産人口の減少。
 グローバル化の進展による外資企業の参入。
 そしてAI・IoT・VR/ARなど、新たなテクノロジーの進化。

 多様な業界が変化に直面するなか、不動産業界の展望は!?

■「クラウド時代におけるMicrosoftのReal-estateへの取り組みのご紹介」

 日本マイクロソフト株式会社
               運輸・サービス営業本部 担当部長 清水 宏之氏

マイクロソフトでは、Smart Cityへの取り組みとしてCityNextプロジェクトを進めており、ワールドワイドでさまざまな事例ができていますが、特にReal-estate分野で取り組んでいるのがSmart Building Solutionです。

クラウド技術が成熟してきた今日においてSmart Building Solutionにおける最新技術動向とその活用事例について、特にマイクロソフト自身が取り組んで いる事例を詳しく紹介します。

また、マイクロソフトの最新技術を取り入れてデジタルトランスフォーメーションをいち早く進めているお客様やパートナー様の事例も紹介。

【お申込みは下記より】           
     https://japan.cnet.com/click/jareco_2017_03.htm


(参考) 昨年のCNET Conference 2016 (概要)

昨年のカンファレンス概要(2016年度)
CNET Japan Conference 2016
https://japan.cnet.com/info/event/realestatetech/201609/

JARECOによる講演(CNET JAPAN記事リンク)
「米国の不動産情報システム「MLS」から学ぶ--国内業界に必要なのは透明性
https://japan.cnet.com/article/35090231/

© 2016 JARECO ( Japan America Real Estate Coalition Office ) All rights reserved.

Navigation

Social Media