ウェビナー開催決定『アフターコロナの組織戦略で変わるオフィスと住宅事情』

JARECO調査研究部門&教育研修部門コラボ企画

『アフターコロナの組織戦略で変わるオフィスと住宅事情』

~テレワーク×パラレルキャリア×多拠点居住の潮流~

当日は8つの名刺を持つ男・湯田健一郎氏が登壇されます。
湯田氏がどのようにしてパラレルキャリアを構築していったか、
その過程を再現性に重点を置いてお話いただけます。

今回のお話は不動産業界で働く方はもちろん、
他業界であっても
今後の働き方を考える上で何らかのヒントが得られることでしょう。

ぜひ、ご参加ください。

【日時】2021年8月10日(火)16時~17時20分

【形式】ZOOMウェイビナー形式

【参加費】無料(要ご登録)

【内容】アフターコロナにおける組織戦略で変わっていくオフィスと住宅事情を
東京テレワーク推進統括責任者であり、テレワーク、パラレルキャリア、多拠点居住を実践する講師の視点から解説。
今後の新しい働き方を模索する、企業、ビジネスマン必見のセミナーとなります。

【メインスピーカー】
湯田 健一郎氏
東京テレワーク推進センター 統括責任者
総務省 テレワークマネージャー
株式会社パソナ リンクワークスタイル推進統括

<プロフィール>
組織戦略・BPO・CRMのコンサルティングに携わり、特にICTを活用した事業プロセス最適化の視点から、幅広い業界・企業を担当
。株式会社パソナにて営業企画、事業開発、システム推進、Webブランディングの責任者を経て、現在、ICTを活用し、
場所を問わず多様な人材の能力を活かす「LINK WORK 」の推進を統括。
併せて、総務省テレワークマネージャー、国家戦略特区事業としてテレワーク推進を展開している「東京テレワーク推進センター」の統括責任者なども務め、
自身もパラレルワークを実践。
政府の働き方改革推進に関連する経済産業省の「雇用関係によらない働き方に関する研究会」や厚生労働省の「柔軟な働き方に関する検討会」
「雇用類似の働き方に関する検討会」「仲介事業に関するルール検討委員会」委員等も務める。

【参加申込フォーム】以下のフォームの「8月10日」をご選択、必要事項をご記入の上、
お申し込みください。ご参加URLを前日までに登録アドレスにお送りいたします。

【主催】一般社団法人日米不動産協力機構 調査研究部門&教育研修部門
e-mail: admininfo@jareco.org TEL: 03-5843-8372 担当:沖野、杉浦